カイロの地理と歴史について



ナイル川は平坦な砂漠を流れる河川ではなく、東はアフリカ大地溝帯につらなる山脈によって紅海とさえぎられている。カイロ周辺では、南東に約100 km離れたガララアルババリーヤ山 (1274m) などが際立つ。ナイル川の西側も高地であり、ナイル川が流路を変える可能性は低い。 ナイル川の水の恵みを受けているのは南北に連なる幅15〜20 kmの細長い地域だけで、カイロ市外の南方10km まではこのような風景が続く。カイロは二つの高地が終わるちょうど扇状地の扇頂に相当する位置に広がる。このため、カイロ自体の標高は15mから60m程度だが、南東方向に2km進むだけで150mまで高度が上がる。 カイロの位置は、北緯30度03分、東経31度15分であり、主要都市では中華人民共和国のウーハンや、アメリカ合衆国のヒューストンやニューオーリンズと同じ緯度である。経度ではロシア連邦のサンクトペテルブルクやウクライナのキエフと近い。年間を通して南風が吹き、特に4月から5月にかけてはハムシーンと呼ばれる砂嵐が続く。年平均降水量は26.7 mmと低い。カイロがアフリカ一の大都市、砂漠気候に位置する都市として最大の都市となりえたのはまさにナイルの恵みのためである。 1月の平均気温は14.0度、7月は28.0度。ハムシーンの季節を除けば大気が乾燥していることもあって過ごしやすい。

古代エジプトからローマ属州時代は、カイロ地方はナイルデルタに属する湿地帯でしかなく、小規模の集落が点在するだけの未開地域であった。定住者が少なかったこともあって、イスラム帝国侵攻前の時代の遺跡はほとんど見つかっていない。ナイル川をはさんで対岸の西側のギーザ台地には三大ピラミッドが築かれているが、そのギーザも古王国時代の終焉とともにピラミッド信仰も衰退していったため、新王国時代には廃墟となっていた。 639年にエジプトへの侵攻を開始し、東ローマ帝国の駐留軍を破ったイスラム帝国軍の将軍アムル・イブン・アル=アースは、643年にローマ軍の駐屯都市バビュロンの近くにアラブによるエジプト支配の拠点として軍営都市を築き、フスタートの名を与えた。フスタートは現在カイロ市内の一部となっている地区である。初代エジプト総督となったアムルはフスタートの建設を進めるとともに、エジプトに灌漑施設を建設するなど支配の構築に努め、フスタートはその後一貫してエジプトの首府の地位を保つこととなった。 フスタートはその後、ウマイヤ朝、アッバース朝のエジプト州治所、トゥールーン朝、イフシード朝の首都を経て、969年に現在のチュニジアに興ったシーア派(イスマーイール派)のファーティマ朝の送り込んだ遠征軍によって征服された。ファーティマ朝はフスタートの北3km郊外の地点に新たに「勝利の町」を意味する「ミスル・アル=カーヒラ」の名をもち、ファーティマ朝のカリフが住む宮殿と、イスマーイール派の学術センターとして建設されたアズハル・モスクを中心に1km四方の方形の城壁を備えた新都を建設した。以来、カイロはファーティマ朝200年の首都となるが、紅海と地中海をつなぐ中継貿易の拠点としての経済機能は依然として旧市フスタートに残されていた。 1169年にファーティマ朝にかわってカイロでアイユーブ朝の政権を確立したサラーフッディーン(サラディン)は、ファーティマ朝の政府施設を接収するとエジプトの政府機能の一切をカイロに集約させ、カイロに城砦(シタデル)を建設して守りを固めるとともに、城壁と市街を南に拡大してフスタートをカイロに取り込ませる形で都市の拡張を進めた。この事業はアイユーブ朝に続くマムルーク朝の時代に至って完成し、東西交易によって空前の繁栄を迎えた。1258年にバグダードがモンゴルに征服された後はアッバース家末裔のカリフもカイロへと迎えられてイスラム世界の政治的・精神的な中心地ともなり、スンナ派を奉じたサラーフッディーンによってシーア派からスンナ派のイスラム学院に改められたアズハルはスンナ派イスラム世界の最高学府として高い影響力をもつようになった。カイロの町にはアイユーブ朝、マムルーク朝のスルタンやアミールなど有力者によって盛んに建築事業が行われ、モスクをはじめ多くの歴史的建造物が立ち並ぶイスラム都市としても発展した。カイロの旧市街は世界遺産にも指定されている。 しかし、14世紀に頂点を迎えたカイロの繁栄は15世紀以降、ペストの流行などが原因で次第に衰えを見せ始めた。1516年にマムルーク朝がオスマン朝に征服されると、オスマン帝国の一地方州の州都に過ぎなくなったカイロからはスルタンもカリフもいなくなって政治的な重要性は失われ、文化活動も沈滞したが、依然として活況を呈する交易によって人口も回復し、再び繁栄に向かいつつあった。この近世カイロに現れた軍人ムハンマド・アリーがナポレオン・ボナパルトのエジプト遠征後の混乱をぬって台頭し、エジプトの世襲支配者として君臨するに至ると、半独立のムハンマド・アリー朝のもとで都市の近代化が進められた。とくに19世紀後半のエジプト太守イスマーイール・パシャのもとでパリの都市計画に倣った新市街が旧市街の西側に建設され、20世紀にはさらに郊外のヘリオポリスなどに高級住宅街の開発が進められた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

洗顔方法について

毎日の洗顔でも頬 たるみの予防ができます。温かめのお湯でクレンジングを使ってしっかりメイクを落とした後に、冷水で顔を引き締めましょう。冷水を何度か顔に浴びるのがいいかと思います。スキンケアの基本である洗顔は意外と大事です。もう一度見直してみるのもよいかもしれませんね。

レーザーによるほくろ除去

病院でほくろ除去を行う場合、現在はレーザーによるものが主流になっています。レーザーで除去するほくろは、直径3ミリから5ミリ以下で、隆起していない平らなほくろが向いているようです。脱毛などでもレーザーが使われていますが、ほくろ除去の場合は、手術用の顕微鏡を使って行われます。照射する方法も異なり、ほくろ除去の際は、ほくろのみ正確にレーザーを照射し、周囲の正常な皮膚を傷めないようにします。

ぎっくり腰予防具?!

腰部に違和感や腰痛を感じている場合ぎっくり腰になりやすい危険信号と考えるべきでしょう。普段、無理な作業姿勢などで負担のかかった腰の筋肉を、こまめに適度な運動をしたり、入浴などでやわらげることが大切です。農作物の収穫作業、病院関係の介護作業、重い荷物の移載作業等、長時間にわたる前屈姿勢の作業をする人には、ぎっくり腰 予防具というものもあります。

秘書検定は、2,3級から

秘書検定を実施している、(財)実務技能検定協会は、秘書検定で問われる秘書技能のことを、「いわゆるOL一般の職能を秘書技能という名称に集約したもの」と表現しています。秘書検定の問題の内容は、秘書の仕事に就いていると想定した問題がほとんどですが、ビジネスマナーや応対、ファイリング、名刺の整理等、職務知識を広く問われる試験内容です。

精力剤の成分メカニズム

精力剤の成分メカニズムは大きく分けて加齢、ストレス、喫煙習慣などによって血流が停滞したとき、末梢血管、とりわけ陰部に血流を促進させるためのものや、同様にストレスやミネラル不足による性ホルモン分泌抑制、あるいは産生物質不足により生じた精力減退に対して性ホルモン分泌を促進させるもの、また滋養強壮、疲労回復を目的とし、間接的に精力促進、増強を謳ったものなどがある。

フラッシュ脱毛とは

フラッシュ脱毛も、光脱毛の一種です。光のエネルギーを利用して、毛根を消滅させるという脱毛法です。これには、フラッシュ光線、という拡散光をカメラのフラッシュのように発する機械を使い、インパルスライトという光を毛母細胞と毛乳頭といわれる部分に照射していきます。このようにフラッシュ脱毛をすることで、毛の成分である毛母細胞や毛乳頭がタンパク変性して死滅してしまいます。

ペット保険の特徴

ペット保険は、最近できたばかりの保険商品なので、まだあまりなじみが薄いかもしれません。オススメのペット保険をいくつかご紹介しましょう。わたしたちが生命保険や自動車保険を選ぶときに、すぐに決めることはできませんね。他社の保険の内容と見合せながら比較して検討する時間が十分必要です。ペット保険についても同様です。

お見合い相手を探す方法

お見合いの相手を見つけるには、二つの方法があります。一つは、親戚や友人などに縁談を依頼する方法です。元来これがもっともオーソドックスなパターンと言えるでしょう。今では、お見合いというと、古いもの、と考えられるかもしれませんが、日本の伝統的な慣習であり、一つの合理的なシステムといえるかもしれません。

コレステロールの概要

コレステロールは血液中に多くありますが、それ以外にも脳・脊髄・副腎・小腸・筋肉などにも含まれますが、このコレステロールの量がコントロールできなくなってしまうと、重大な病気を引き起こす事になりますので、意識してコレステロールの摂取をする必要がありますね。

マカの概要

マカにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれていてマカ =「完全食」といわれています。マカは野菜ですので直接的な効果・効能はありませんが、毎日元気はつらつに過ごしたい方など、マカは様々な目的で老若男女問わず飲まれています。マカ人気ランキングで選ぼう!

痔の最新治療

痔 手術に関しいては、痔核が全体的に大きく脱肛してしまい、普通の切除術では難しい場合に、PPHという手術方法を用いることがあります。特殊な器具を使って痔核の周辺を持ち上げ、切除して縫い合わせるという方法です。術後の痛みや排便痛などは比較的早く収まり、入院も短期ですみますが、中長期的な経過観察が必要です。